合宿免許に参加するにはまず何をすべきかを解説します

合宿免許に参加する前に、まず、予約をしなければいけません。もし、希望の合宿免許がある場合には、人気の教習所や集中しやすい入校日であった場合には、早めに予約をしないといっぱいになってしまいます。学生の方の場合、春休みや夏休みといった長期の休みを利用して行うことになりますが、格安で免許を取得したい場合、他の人も同じ考えなので、早めに検討しておくことが大切です。すでに、春休みや夏休みに入ってしまっている場合だと、キャンセル待ちになってしまう場合もあるため、春休みや夏休みが始まる前にしっかりとチェックしておく必要があります。初めての方の場合は、ネットで合宿免許、予約で検索すると簡単に調べることができ、ネットで口コミなどの情報をもとに自分に合っているものを探すことが大切です。

合宿免許に参加するための必要書類について

合宿免許に参加する前に、まずチェックしておくこととして、必要書類があります。所得免許なしの方と有りの方では必要書類がことなります。まず、所得免許がない場合には、本拠地記載の3か月以内に交付された住民票、本人確認書類の健康保険の被保険者証、パスポートや住民基本台帳カードなどの原本(コピーは不可)が必要となります。外国人の場合は在留カードや国籍記載の住民票も必要となります。次に、所得免許がある場合には、運転免許証が必要となります。共通して必要なものとして、諸経費、印鑑(シャチハタやゴム印は不可)、筆記用具が必要となります。合宿免許の中で特に必要書類は忘れてしまうと手続きを行うことが出来なくなってしまい、教習が遅れてしまうので、忘れないようにする必要があります。

合宿免許に参加する際に必要な持ち物について

合宿免許の参加に必要な持ち物として、まずは、衣類があります。乾き具合や乾燥機の有無などにもよりますが、大体は、3日から4日分の着替えが必要となります。ただし、自動車の教習を受けるということを考慮に入れて、動きやすく、運転の邪魔にならないものが必要となります。特に女性の場合は、スカートが禁止の教習所もあり、露出が気になる服装は控えることが大切です。また、現地によって、気候を考慮することも大切です。現地の気温に合わせ調節しやすい服が理想です。靴も、スニーカーなどの動きやすい靴で参加すれば間違いありません。身の回りの物については、現地で購入することも可能です。仮学科試験はマークシート方式なので、鉛筆と消しゴムは必須です。眼鏡やコンタクトレンズが必要な方は必ず持っていくことが大切です。他は、歯ブラシや石鹸、バスタオル、常備薬など、生活に必要なものは持っていき、現地購入が可能なものについては、その都度買い足しをすれば大丈夫です。