合宿免許の参加中に気をつけたいポイント

自動車の免許を取得する方法には、通学と合宿免許の2通りがありますが、最近大学生を中心に合宿免許を大変人気があります。その理由は、費用が通学と比べて安いことや卒業までのスピードが速いこと、そして観光気分を味わうことができるなど、様々なメリットがあるからです。しかし、実際に合宿免許を参加するにあたっては、気を付けなければならないポイントもありますので、前もってしっかり把握しておく必要があります。たとえば、卒業までの約2週間、かなりハードなスケジュールが組まれており、それを買って変更したり、休んだりすることができないと言うことです。そのため仕事や学校がある方は基本的に参加することができませんし、急な用事が入った場合も問題となることがあります。

ハードなスケジュールを乗り切るコツ

合宿免許では予め参加者一人ひとりのスケジュールが決められています。そのスケジュール通りにうまく進んでいけば、最短で14日前後で卒業することが可能です。通学の場合は卒業するまでに1か月以上かかることを思えば、半分以下のスピードですから、大変魅力的なことです。しかし、午前、午後とカリキュラムがびっしり詰まっており、かなりハードなスケジュールとなっています。途中でばててしまわないように注意が必要です。このハードがスケジュールを乗り越えるためのコツは、楽しみながら合宿免許に参加することです。たとえば、気の合う友達と一緒に参加すると、励まし合ったり、フリータイムには息抜きに出かけたりすることができます。自動車学校の周辺にショッピングモールや遊戯施設などがあると息抜きには良いでしょう。

スケジュールを間違えないようにしよう

合宿免許の参加者は春休みや夏休みに集中します。これは予め決められたスケジュールを休んだり変更したりすることが基本的にはできないことになっているからです。そのため仕事がある人や大学生の学期中は酸化することができません。また、休み中でも合宿免許の期間中は他の予定を入れることができません。完全にフリーであることが条件となっています。そして、合宿免許が始まってからの注意点としては、朝寝過ごして遅刻したり、スケジュールの時間を勘違いして休んでしまうことのないようにすることです。教習時間をうっかり間違えてしまうということは結構あるようです。また体調管理にも十分気を付ける必要があります。体調を崩して休むようなことがあると、その分、卒業までの日数が延びてしまいます。