合宿免許の特徴とメリットをご紹介します

合宿免許のメリットはいくつかありますが、最大のメリットは短期間で免許が取得できる点があります。通常の教習の場合には卒業検定が終了するまで二ヶ月程度かかる場合がほとんどですが、合宿による教習を受けた場合には10日から2週間程度で教習が終了します。2週間以内で必ず卒業させる仕組みとなっており、日程的にはかなり余裕を持ってプランを立てる事が出来ます。追加の教習があった場合ですが、通常の場合だとかなりの追加料金がかかります。しかし合宿免許によるプランを選択した場合には基本的には追加の教習料金は必要ありません。そのため追加の教習を受ける必要がある場合でも金銭的には安心できます。合宿免許の料金ですが、20万円程度の料金設定となっている場合がほとんどです。

土日祝日には温泉等を楽しめます。

合宿免許で宿舎として利用するのは自動車学校ではなく、近隣の観光地近くのホテルや旅館の周辺を利用します。そのため近くに温泉がある場合がほとんどです。中にはホテルの中に温泉がある場合があり、その際には無料で温泉に入る事が出来ます。ホテルの近くに温泉があるパターンだと通常の半額近くのお金で入浴できる場合がほとんどです。温泉以外にも美術館があったり、歴史的な価値の高い建造物が近くにある場合もあります。そのような場所に見学に行く際には、ホテルの証明を得れば温泉同様半額近いリーズナブルな価格で入浴する事が可能な場合もあります。土日は教習が休みなので、そちらに行き楽しむ事ができます。そのため合宿による教習を受けた場合には教習以外にもこのような楽しみもあります。

食事が地元の食材を利用した絶品です。

合宿による教習プランだと食事も素晴らしいです。食事はホテルや旅館の食事を食べることになりますが、地元の食材を利用した素晴らしい料理が提供されます。しかも最初に自動車学校に支払う教習料金に含まれているので、お金を気にすることなく料理を楽しむことができます。自動車学校にもよりますが、卒業検定の近くになると自動車学校主催でパーティーが開かれる時があります。その時にはバイキング形式でホテルの美味しい料理を楽しむ事が出来ます。自動車学校の教習官がレクリエーションを行うので、楽しむ事が出来ます。ホテルなので安心してビールやカクテルなどを安心して楽しむ事も出来ます。こちらの料金も最初に自動車に支払ったお金に入っているのでお金を面では心配する必要は全くありません。